「ただ・・・というだけ」の英語表現2選【英会話用例文あり】

2021年11月11日

「ただ・・・というだけ」の英語表現2選【英会話用例文あり】

たとえば、以下は英語で何と表現すればよいのでしょうか?

「ただ、腹がすいてないだけだよ」
「ただキミに伝えたかっただけなんだ」

今回は「ただ・・・というだけ」の英語表現について、簡単にお伝えします。




「ただ・・・というだけ」の英語表現

以下のフレーズは「ただ・・・というだけ」で使われます。どちらも同じ意味です。

  • It’s only that …
  • It’s just that …

この構文の場合の onlyjust は同じ意味です。単語 onlyjust には違いがあります。onlyjust の違いについて詳しくは、以下の記事で解説しています。

英語では only と just が、同じように使われている 違うように使われている場面があります。今回は only と just の違いについて、簡単にお伝えします。 […]

 

It’s only that の例文

It’s only that I love baseball.
ただオレは野球が好きなだけなんだ

It’s only that he is not hungry.
ただ、彼はお腹がすいてないだけだよ

It’s only that you are closed-minded.
ただ、あなたの視野が狭いだけです

It’s only that it is so tiny that we cannot see it.
ただ、それはとても小さいので見えないだけなのです

It’s only that we wanted to emphasize the fact.
ただ、事実に重点を置きたかっただけです

It’s only that he got confused with their names.
ただ、彼が彼らの名前を混同していただけなのです

 

 

It’s just that の例文

It’s just that I’m in a hurry.
ただ、私は急いでいるだけなんです

It’s just that this is a plan underway.
ただこれは進行中の計画であるというだけです

It’s just that I wanted to tell you about it.
ただキミに伝えたかっただけなんだ

It’s just that we seek promising employees.
ただ、我々は将来有望な人材を探しているだけです

It’s just that he play-acted indifference then.
ただ、彼は無関心を装っていただけです

It’s just that it seems a pity for him to say such things.
彼がそんなことを言うのはただただ残念です




まとめ

いかがでしたでしょうか。単語 onlyjust には違いがありますが、It’s only that …It’s just that … のどちらの文章も違いはありません。ご参考までに。

英語では only と just が、同じように使われている 違うように使われている場面があります。今回は only と just の違いについて、簡単にお伝えします。 […]

It’s only that …
ただ … なだけ

It’s just that …
ただ … なだけ

closed-minded
心を閉ざした、視野の狭い

emphasize
強調する、重要視する

get confused
混乱する、混同する

in a hurry
急いでいる

underway
進行中

promising
将来有望な、嘱望される

play-act
演技する

indifference
重要ではない、無関心な