pierce の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2021年6月13日

pierce の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

pierce「突き刺す」「差し込む」という意味です。今回はこの pierce について、簡単にお伝えします。




pierce の意味と簡単な使い方

pierce「突き刺す」「差し込む」という意味です。この単語は、以下のように使用されます。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 光・音などが差し込む
  • 鋭いもので穴をあけて、ものを貫通する

 

例文

He got his ears pierced.
彼は、耳に穴をあけた (ピアス)

Anguish pierced her heart.
苦悩が彼女の心を突き刺した

A bullet had pierced his armor.
弾は彼の鎧を貫通しました

The chill wind pierced her to the bone.
冷たい風は彼女の骨身にこたえました

The venomous fangs pierced her breast.
毒の牙が彼女の胸を貫いた

Shafts of sunlight pierce the dense mist.
濃い霧に日光の柱が差しこみました

He pierced a chunk of ice with his dagger.
彼は、氷の塊に短剣を突き刺した

The beam of the searchlight pierced the gloom.
サーチライトの光が暗闇に差し込みました

A sudden scream pierced the silence of the night.
突然の悲鳴が、夜の沈黙を切り裂きました

The fork did not pierce the skin of the meat deeply.
フォークは、肉の皮を深く突き刺せませんでした

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

pierce
突き刺す、差し込む

pierce to the bone
骨身にしみる

anguish
苦悩

bullet

armor

chill
冷たい

venomous
毒の

fang

breast

shaft

sunlight
日光

dense
濃い、深い

chunk
塊・かたまり

ice
氷、アイス

dagger
短剣、ダガー

beam
ビーム

searchlight
サーチライト

gloom
暗闇、陰気

scream
悲鳴、叫び声

fork
フォーク

meat