abstract の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年2月19日

abstract の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

abstract「要約」「抽象」「抽象的な」「抜き出す」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




abstract の意味と簡単な使い方

abstract「要約」「抽象」「抽象的な」「抜き出す」という意味です。この単語は、以下のように使います。具体的には下の例文をご確認ください。

  • 特定の例に基づかない考え
  • 実体がない考え・感じがある
  • 本や記事の内容をまとめたもの

 

例文 (形容詞)

形容詞の abstract「抽象的な」という意味です。

Her concepts seem a little abstract.
彼女の概念は、少し抽象的に思えます

He’s doing Modern abstract art at the college.
彼は、大学で現代抽象美術をしています

He finds it difficult to grasp abstract thoughts.
彼は、抽象的な考えを把握するのが難しいとわかっています

The vigorous discussion is becoming too abstract.
活発な議論が抽象的になりすぎています

 

 

例文 (名詞)

名詞の abstract「要約」「抽象」という意味です。

I have difficulty dealing with the abstract.
抽象的な考え方の扱いが難しい

The secretary made an abstract of the article.
書記が、記事の要約をしてくれました

 

 

例文 (動詞)

動詞の abstract「取り出す」という意味です。

She abstracted a lipstick from her handbag.
彼女は、バッグから口紅を取り出した

The facilitator abstracted the main points from the argument.
進行役が、議論から主なポイントを抜き出しました




まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

abstract
要約、抽象、抽象的な、抜き出す

make an abstract
要約する

concept
概念

modern
現代の

college
大学

thought
考え

vigorous
活発な

discussion
議論、話し合い

argument
議論

difficulty
困難、難しさ

deal with …
… を扱う

secretary
書記

article
記事

lipstick
口紅

handbag
バッグ

point
要点、ポイント

facilitator
進行役、ファシリテーター