redundancy の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2021年6月13日

redundancy の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

redundancy「余分」「余剰」「冗長」「失業」という意味です。今回はこの redundancy について、簡単にお伝えします。





redundancy の意味と簡単な使い方

redundancy「余分」「余剰」「冗長」「失業」という意味です。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • これ以上は必要とされていない状態
  • 雇い主から必要とされていない状態

 

例文

She took voluntary redundancy.
彼女は自発的に失業した

There’s a great deal of redundancy.
とても多くの冗長があります

About 50 workers received redundancy notices.
約50名が失業通知を受け取った

The redundancy money she got will cushion the blow.
彼女が得た失業手当で、衝撃は和らいだ

I tried to avoid redundancy in writing as many as possible.
できる限り文章内の余分な部分を避けるようにしました

There is no redundancy being put into new accounting systems.
新しく導入される会計システムには、余分な部分はありません

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

redundancy
余分、余剰、冗長、失業

voluntary
自発的な

a great deal of …
かなり多くの …

notice
通知、知らせ

cushion the blow
衝撃が和らぐ

avoid
避ける

as many as possible
できる限り多く

accounting
会計の