【閉める・閉じる・閉まる】close と shut の違いとは?【解説・英語表現例あり】

2020年9月18日

【閉める】close と shut の違いとは?【解説・英語表現例あり】

close と shut は、同じ「閉める」「閉じる」「閉まる」という意味です。

では、この2つの単語の違いは何なのでしょうか?

今回は closeshut の違いについて、わかりやすくお伝えします。




【閉める・閉じる・閉まる】close と shut の違いとは?

close ゆっくりと閉める
しっかりと閉まっていなくても使える
(閉める過程のイメージ)
shut すばやく閉める
しっかりと閉まっている
(閉められた結果のイメージ)

 

close の英語表現例

close「ゆっくり閉める」ときに使います。閉まっているときにも、しっかり閉まっていなくても使用可能です。

Close your mouth.
口を閉じて (ゆっくりと閉じる)

You should close the door softly.
やさしく扉を閉めたほうがいい

We close the shop every weekend.
毎週末、店を閉めています

The store will close during repairs.
修理中、店は閉店します

Mom closed the book and laid it aside.
母は本を閉じて、横に置いた

He closed the windows as wind blew harder.
風が強く吹いたので、彼は窓を閉めた

 

 

shut の英語表現例

shut「すばやく閉める」ときに使います。しっかり閉まっているときにのみ使用可能です。

Shut your mouth.
口を閉じて (すばやくしっかりと閉じる)

Please shut the front door.
前のドアをしっかりと閉めてください

She shut the book and laid it aside.
彼女は本をすばやく閉じて、横に置いた

The store shuts at 8 p.m weekdays.
その店は、平日午後8時に閉まります

The gust of cold wind blew the windows shut.
冷たい突風で窓が閉まった

She went out of her room and shut the gate behind her house.
彼女は部屋を出て、家の後ろの門を閉めました




まとめ

いかがでしたでしょうか。closeshut の違いは、以下のとおりです。ご参考までに。

  • close「ゆっくりと閉める」
  • shut「すばやく閉める」
close ゆっくりと閉める
しっかりと閉まっていなくても使える
(閉める過程のイメージ)
shut すばやく閉める
しっかりと閉まっている
(閉められた結果のイメージ)

softly
やさしく

lay … aside
… を横に置く

repair
修理、修理する

blow
吹く

gust of wind
突風

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください