be of + 名詞 の意味と簡単な使い方【例文あり】

2022年5月10日

be of + 名詞 の意味と簡単な使い方【例文あり】

be of + 名詞be + 形容詞 をよりフォーマルにしたものです。be of + 名詞「… を本質的に持っている」「… というものに分類されている」という意味になります。

今回はこの be of + 名詞 について、簡単にお伝えします。




be of … の意味と簡単な使い方

be of + 名詞 … を本質的に持っている
… というものに分類されている
・be 形容詞 をよりフォーマルにしたもの

It is of value.
価値があるものなのです
It is valuable.
価値があるものです

Those studies are of significance.
それらの研究は、意義があるものなのです
Those studies are significant.
それらの研究には意義があります

 

be of + 名詞 の例文

I’m not of age.
まだ子供です

That’s not of ours.
それは私たちのものではありません

We all have been of age.
私たちは皆、歳を重ねた

The house is of little value.
その家には、ほとんど価値がない

The report is of great interest.
その報告は、とても興味深い

The service is of a high standard.
そのサービスは高い水準のものです

The information is of particular interest to me.
その情報は私にとって特に興味のあるものです

The new system will be of interest to employees.
新しい仕組みは従業員にとって関心の高いものとなるでしょう

We’ve identified the ruin as being of historical interest.
私たちはその遺跡が歴史的に重要なものであると認識しています

The surge in the death rate amongst young citizens is of constant concern to this country.
若年層の死亡率が急増していることは、この国にとって常に懸念点であります




まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てたのであれば、うれしいです。ご参考までに。

be of + 名詞
… を本質的に持っている、… というものに分類されている
be + 形容詞をよりフォーマルにしたもの

value
価値、価値があるもの

valueable
価値がある

significance
意義、意義があるもの

significant
意義がある

study
研究、勉強する

interest
興味

interesting
興味がある

particular
特に

identify
見分ける、識別する

ruin
遺跡、廃墟

historical
歴史的な

surge
急増、急上昇

death rate
死亡率

citizen
市民

amongst
… の中で