「ただものじゃない」の英語表現3選【英会話用例文あり】

「ただものじゃない」の英語表現3選【英会話用例文あり】

たとえば

「奴は、ただものじゃない」
「彼らはただものじゃありません」

は、英語で何と表現すればよいのでしょうか?

今回は「ただものじゃない」の英語表現について、簡単にお伝えします。




「ただものじゃない」の英語表現

「ただものじゃない」を英語で表現するときは、nothing to sneeze at を使います。意味は「 … を軽く見てはいけない」という意味です。

そのほかにも special, real deal を使うことで「ただものじゃない」を表現することができます。

 

nothing to sneeze at の英語表現例

nothing to sneeze at は「軽く見てはいけない」という意味です。 not to be sneezed at となる場合もあります。

ちなみに、 sneeze「くしゃみ」「くしゃみする」という意味になります。

It’s nothing to sneeze at.
それはバカにはできない

He’s nothing to sneeze at.
奴は、ただものじゃない

The suggestion is not to be sneezed at.
その提案は考慮に値するものです

The total amount is not to be sneezed at.
合計額は、バカにできないぞ

 

 

special の英語表現例

special「特別の」「特別な」という意味です。

He is something special.
彼は特別な存在です

She, on a stage, looks special.
ステージ上の彼女は、特別に見えた

He possessed something special.
彼は、特別なものを持っていた

The distress made her something special.
苦痛が、彼女を特別なものにした

 

 

real deal の英語表現例

real deal「本物」という意味です。非の打ちどころがなく、とてもいいことを表します。

This is the real deal.
これは本物です

They are the real deal.
彼らはただものじゃありません

The man like him the real deal.
彼のような男が本物です

The painting looked like the real deal.
絵は本物のように見えた

 

 

そのほかの「ただものじゃない」の英語表現

That guy isn’t not just anyone.
あいつは他の奴とは違う

The boy is different from others.
その子は他とは違う

He’s legit. I expect that he’ll be done well.
彼は本物です。彼はうまくやってくれると思います




まとめ

いかがでしたでしょうか。「ただものじゃない」自体は、あまり使わない表現かもしれません。しかし、必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

nothing to be sneeze at
軽く見てはいけない

not to be sneezed at
軽く見てはいけない

sneeze
くしゃみ、くしゃみする

legit
ものすごくいい、ルールに準拠すること
(legitimate の省略形)

deal
取引、計画、分ける、売買する

suggestion
提案

total amount
合計額

possess
持つ、所有する

painting

distress
苦痛