【英語】単語・熟語を身につける方法・3ステップ【ネイティブ推奨】

2020年3月2日

【英語】単語・熟語を身につける方法・3ステップ【ネイティブ推奨】

「熟語がいっぱいありすぎ!わけがわからない」
「英単語を覚えたいけど、なかなか覚えられない」

とお考えではないでしょうか?1つの単語・熟語に意味が複数あるものも多く、混乱するのもムリはありません。

私は、月に10万回以上のアクセスのある英会話・英語学習サイトの管理人です。35歳から英語の勉強を始めています。海外在住は2か国4年で、海外での就職も経験あります。

私自身、単語の記憶に関してはかなり悩みました。単語や熟語について、頭を悩ませる気持ちはよくわかります。

今回は、単語・熟語を身につける方法について、簡単にお伝えします。実際にネイティブスピーカーの英語の先生から聞いた内容です。具体的には、

  • なぜ単語と熟語が覚えられないのか?
  • 英語学習で本当に大切なこと
  • 英語を聞いているだけでは、身につかない理由
  • 英単語・英熟語を覚える3ステップ

となります。3分程度で確認できる内容です。

この記事を読むことで、英単語・英熟語の身につけ方がわかります。

「ネイティブにはできても私にはできない」という内容ではありません。簡単なステップで説明します。ぜひ最後までお付き合いください。




単語・熟語を身につける方法・3ステップ

なぜ単語や熟語が覚えられないのか?

単語や熟語を覚えるための公式は

記憶 = 言葉 + イメージ + 五感

です。なぜ単語や熟語が覚えられないかというと、

  • 言葉
  • イメージ
  • 五感

のどれかが欠けているからです。なぜなら、人間の脳はイメージや五感を感じられないものに対して、脳の回路ができにくいからです。

単語の記憶では、イメージをすればいいと考えている人もいます。しかし、実際にはそれだけでは足りない場合が多いです。

たとえば achievement という単語を覚えようとしているとします。

achievement
達成、業績、功績

achievement, achievement, … とつぶやいても、使わないうちに忘れていく可能性が高いです。achievement を絵で描くのは良いと思います。その場合は、何かを「達成」してホメられている絵にしましょう。その際、五感で感じることが大切です。

絵を描くのは、慣れていないと大変です。ここからは絵を描かなくても身につく方法をお伝えします。

 

 

英語学習で大切なこと

言語には「音」があります。言語学習は「音」がカギです。英語も同様に「音」を大切にしてください。

単語・熟語には、すべて「音」があります。英語を身につけるために「音」を利用しましょう。

 

聞いているだけでは英語が身につかない理由

英語を聞いているだけでは身につきません。

なぜなら、英語が理解できない状態で英語を聞いても、脳は雑音として処理するからです。人間の脳は、英語が理解できない状態だと電車が通る雑音と同じ処理をします。その脳の処理では、英語は身につくことはありません。

英語を身につけるには、脳に英語の回路を作ることが大切です。「英文を口に出すこと」で、脳に英語の回路ができていきます。

英単語ではなく、英文にしましょう。理由は簡単で、英文は単語よりイメージしやすいからです。もちろん、イメージだけではなく五感で感じられるように英文を口に出しましょう。

次の項目で、具体的に英単語・英熟語を身につけるステップを、例を挙げて説明します。

 

 

英単語・英熟語を身につける方法

では、どのようなステップで英単語・熟語を身につければよいのでしょうか?

 

単語・熟語を身につける3ステップ

単語・熟語を身につける3ステップは、以下の通りです。

  1. 覚えたい単語・熟語を使った文章・例文を作成
  2. 文章からのイメージ、味わいたい感覚・感情を確認
  3. イメージと感覚を味わいながら音読

 

3ステップで単語・熟語を身につける : 例

たとえば、あなたが health examination を身につけたいとします。

health examination
健康診断

 

単語・熟語を使った文章・例文を作成

まず、覚えたい単語・熟語・言葉を使った文章を作ります。

Google検索 で文章を検索しても大丈夫です。検索ワードの例としては「health examination 例文」と入力すると出てきます。

文章はイメージしやすく、感情が動くものにするとよいでしょう。なぜなら、感情が動くもの方が記憶の定着率が上がるからです。

 

文章からのイメージ、味わいたい感覚・感情を確認

ここでは、

I took a health examination at the next building last Friday. I thought I should lose weight then.
先週金曜日に隣のビルで健康診断を受けました。そのとき「やせなきゃ」と思いました

という英文にしたとします。この文章のようにイメージが広がりやすく、感情を覚えやすいものにするのがポイントです。この例文は、少し太ってきたと感じている人には、とても効果的な文章です。

文章から

  • イメージ
  • 味わいたい感覚・感情

を確認します。たとえば

  • 健康診断で体重計に乗って体重を確認している自分のイメージ
  • 「太ってショック」という感情

と、文章からのイメージと感情を確認します。

 

イメージと感覚を味わいながら音読

あとはひたすら音読です。

I took a health examination at the next building last Friday. I thought I should lose weight then.
先週金曜日に隣のビルで健康診断を受けました。そのとき「やせなきゃ」と思いました

英文の音読のときは、以下の2つの点に注意します。

  • 体重計に乗って自分の体重を見てショックを受ける自分をイメージする
  • 体重が増えて嫌な感情を感じる

「隣のビルで受けた健康診断、体重増えててショックだったなー」と感じながら、英文を音読します。

さらにこの方法だと、身につく英語表現は

health examination
健康診断

だけではありません。たとえば

lose weight
体重を減らす

もあわせて身につきます。複数の単語・熟語を混在させることで、身につける効率はさらにアップします。




まとめ

記憶は人間の脳の仕組み上、

  • 言葉
  • イメージ
  • 五感

が、そろっているとベストです。これら3つを「音」でつなげましょう。音読して、3つのつながりを脳内で作っていくイメージです。

言葉、イメージ、五感の3つがそろった英単語・熟語を身につける方法は、以下の3ステップになります。

英単語・熟語を身につける3ステップ
覚えたい単語・熟語を使った文章・例文を作成
文章からのイメージ、味わいたい感覚・感情を確認
イメージと感覚を味わいながら音読

 

この英単語・熟語を身につける3ステップは、とても簡単です。半年や1年などある程度の期間試してみていただけたらと思います。

 

 

 





【お知らせ】英会話の上達に興味がある方へ
オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) は、当サイトで1番人気があります。


以下の人にとって、最適なオンライン英会話サービスです。

  • ビジネス英会話を学びたい人
  • TOEFL/IELTSの勉強がしたい人
  • 最近、英会話が伸び悩んでいる人
  • バイリンガル教育に興味のある人
  • 就職・転職活動で英語のインタビューの練習がしたい人
  • 英語が話せるようになりたいが日本で英語を話すチャンスがない人

オンライン英会話のキャンブリーを体験しました!
英会話の上達を考えている人は、チェックしてみてください。